「プロペシア」とは?

当院では男性型脱毛症治療薬として「プロペシア」という薬を処方する場合がございます。

プロペシア(Propecia)は、フィナステリド(finasteride)として米国メルク社が開発した抗アストロ元薬で、2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモン(テストステロン)がAGAの元凶とされるDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制します。

1997年にアメリカ食品医薬品局 (FDA/Food and Drug Administration)によってAGAの治療薬として認可され、日本では2005年に厚生労働省からもAGA治療薬として承認されました。

現在では日本を含む60か国以上で承認されていますが、使用には注意が必要な薬となっています。

成人男性しか使用できない

女性に対する臨床試験では効果がないことが確認されています。またAGA以外の脱毛症(円形脱毛症など)にも効果がないことが分かっています。

肝機能障害や性欲減退のリスク

日本で発売を開始した万有製薬(現在:MSD株式会社)は、肝機能障害の他、性欲減退リスクがあることを明記しており、具体的には勃起機能不全、射精障害、精液量の減少等を挙げています。

ドーピング剤としての認定

体内で男性ホルモンに影響し、筋肉増強剤の使用を隠す効果があるとして、世界アンチ・ドーピング機関などで一時ドーピング剤として認定されていました。現在では分析技術の進歩により、禁止リストから除外されていますが、プロのアスリート選手が使用する場合はこの点を認識しておく必要があります。

当院でのプロペシア処方について

プロペシアは院外処方のみとなります。初診料3,000円、再診料(処方料含む)1,000円です。