「ザガーロ」とは?

当院では男性型脱毛症治療薬として「ザガーロ」という薬を処方する場合がございます。

ザガーロ(デュタステリド/Dutasteride)は、男性ホルモン(テストステロン)からAGAの元凶とされるDHTの生成を阻害する自由診療の薬です。日本では2015年にAGAの薬として承認されました。

抜け毛防止効果は、プロペシア(フィナステリド)を上回ることが確認されており、プロペシアで不十分だった増毛効果も認められています。ただし円形脱毛症等には効果がなく、20歳未満での安全性および有効性は確認されていません。

女性は使用できない

プロペシアと同様、ザガーロも女性は使用することができません。妊娠中は胎児に悪影響を与えるだけでなく、経皮吸収されるため、妊婦は触れることも避けなければなりません。もしカプセルの内容物に触れてしまった場合は、すぐに石鹸および流水で洗い流すようにしてください。

服用患者は献血してはならない

血中半減期が長いため、使用中止から6か月間は献血できません。

肝機能障害と性欲減退の副作用

重大な副作用として肝機能障害と性欲減退リスクがあります。必ず医師の処方の上、使用してください。

当院でのザガーロ処方について

診察の上、必要な患者様には院内処方いたします。初診料は、3,000円です。